海外転居の備忘録【編集中】

4月からカナダのハリファックスという土地でポジションを得たので、それに伴い転居の作業をすることになりました。

結論から言うと、思っていたよりも相当に大変でした。

 

ざっくり挙げていくだけで、

  1. パスポート
  2. ビザ関係
  3. 運転免許関連
  4. 住民票関連(年金とかの手続きも)
  5. 引っ越し(全てはとても持っていけない)
  6. 不要な家具等の処分(および譲渡)
  7. 現地での住居探し
  8. 国内での仕事のまとめ
  9. しばらく会えなくなる方々への挨拶回り
  10. 新しい仕事のプロジェクトに関する計画
  11. その他(数え切れないほどの)書類仕事
  12. 現地での車と保険
  13. 現地での携帯電話・インターネット
  14. 現地での家具その他備品など

など、普段好きなように実験をして好きなように論文を書いているだけの毎日からはかけ離れた、高度なスケジューリング能力を求められるタスクが次から次へと襲いかかります。普段の研究生活でも、これくらい頭をフルに使ったらもっと生産性があがるのではないか、と思うようになりました。

 

※以下、時間のある時に詳細について備忘録的にまとめておこうと思います。

 

  1. パスポート

    パスポートの取得自体はそこまで複雑ではないですし、2015年に10年のを更新したばかりだったのですが、最近本籍を移動したことを忘れており、直前にパスポートを取り直すことになってしまいました。面倒なことになると嫌なので。後から知ったのですが、本籍地を変更する場合はパスポート番号が変わるので、visa関連の書類を全て作り直さねばならず、各方面にご迷惑をおかけすることになってしまいました。

     ちなみに有楽町のパスポートセンターには、本籍地の変更などについては専用の窓口が設けられている(新規・更新とは別)ので、ほぼ待ち時間なしで手続きをすることができました。

  2. ビザ関係

    まず空路で入国するのにeTAを取得する必要がありますがこれはオンラインですぐできるので簡単。アメリカ経由の場合はESTAも必要。

     カナダの場合、労働許可証(Work Permit)は入国した時に空港で発行してもらうことになります。私はトロント空港で申請しました。一般的にカナダ国内で非カナダ人を雇用する場合には、「雇用する側」がLabour Market Impact Assessment (LMIA)と呼ばれるシステムを通して、その外国人の給料がカナダ国内の基準に比べて不当に低くないか、その分野の労働者に対するニーズがあるか(外国人を雇う正当性があるか?)といったことを証明する必要があります。ただし、ポスドク研究員の場合にはLIMA免除であることが定められているので、受け入れ研究室のボスがカナダ労働局に手数料約230ドルを納めるだけで基本的にはOKのようです(2017年現在)。で、そのレシートのコピーを印刷し、さらにOffer LetterとFunding Documentをあわせて入国時に提出しました。ちなみに長期滞在の場合は、別室になります。"I'm here to work."と言った時は少々興奮しました。ポスドクで家族がいる場合は、その場で口頭で要求すると家族の労働許可証も発行してもらえるようです。手数料を追加で400ドルほど支払って、Open Work Permit(どんな仕事でもしていい)を発行してもらうことができます。

     手続き自体はかなりスムーズでしたが、手数料の会計をしようとしたタイミングで会計窓口がいきなり閉鎖し(1日一回レジ閉めをするらしい)、30分くらい待っても開かないので文句を言ったら別のスタッフが会計窓口に来て対応してくれました。乗り継ぎ便の搭乗時間が迫っていることを伝えましたが、その効果だったのかは不明。結局大荷物を抱えて空港を猛ダッシュすることになりました。あと15分遅かったら危なかった。

  3. 運転免許関連
    これが超絶面倒でした。後日記載予定。