2016-0609

今日は日本語で。吐露したい気持ちは色々あるけど、かいつまんで書く。ざっくりまとめると、今まで受けてきた教育は何だったのかという想い。自分が大学院で研究室の教員たちから言われてきたこと(皆さんそれぞれ微妙に違う考えの様だが)って、

 

・君は態度がわるい

・君はマナーが悪い

・親のしつけがなってない

・研究が出来なければクズ

・朝9時にラボに来ないやつは退学

・態度が悪い学生が居たら退学に追い込め

・君の靴の音が気に食わないから靴を買い替えろ

・yes/no 以外の質問は禁止

・ラボで研究以外の会話禁止

・ていうかそもそも会話禁止

・EtBrでべたべたの環境を何とかしません?といったら「それで癌になるのが怖いなら研究者をあきらめるべき」

・優秀な研究者はみんな家庭崩壊してる(皆って誰?そして、だから何だ?)

 

などなど...まあ改めて書いてみると本当にこんなこと言われるラボが今時あるの?っていう感じだけど、いやあるんですよね。今は(人が殆ど居なくなり、かつ僕の立場が結構が上になってきたおかげで)だいぶマシになりましたけど、僕が学部生で入った頃なんて、当時たくさん居た諸先輩がたは(言葉は悪いけど)完全に洗脳されてましたから。いや、彼らラボの外で会うと普通にいい人たちなんだよね!まじで!!でも研究室という「場」が、何か不思議な力を持っていたのだと思います。

当時(今でも?)研究室では学生はPCを使っては行けないルールになってまして、いやそんなのこの時代にあり得ないでしょ?どうやって大量のデータ解析するのよ?…それで普通に自分のPCを持ち込んで(ある程度かくれて)データいじってたら、ある先輩が劣化のごとく怒る事件もありました。その先輩、終電なくしてた(僕は近くに住んでたので終電という概念はなし)し、多分僕に対して嫌がらせとかじゃなく、本当にラボのルールを徹底しなきゃいけないという正義感で怒ったのだと思います。とにかくそういう雰囲気でした。

 

まあそれはさておき、上記に例を挙げた様な言葉を振り返ってみると、研究そのものに対する指導がまるで無いことに気づく!笑 いや本当に、何がしたかったんですかね?今となっては本当に意味不明です。

 

それで今振り返って思うことは、この何年かの間に(おそらくそういうラボの方針が1つのきっかけとなって)科学の道を歩むことを辞めた方々は本当に賢明というか、常識・良識のある方々だったんだなという事です。何だかんだで「我慢するのが賢明じゃね?研究好きだし」っていう態度を貫いてた私自身が、実は批判されるべきだったのでは?とすら思います。とても悲しい。僕の周りには、明らかに人間的にも知力体力的にも私より優れていたひとがたくさん居て、学部生として研究室に来た時にみんな博士くらいはいこうと思っていた。だけど、みんな辞めちゃった。みんな今はとても幸せそうに社会生活を送っているから、それ自体に不満は無いけれど、研究者を輩出する場所である大学院でそういう事が起こっちゃってたのはとても悲しい。多分、責任の一端は私にもあるな。

 

それで私はこれから、そういう悲しい想いをする人が少なくとも私の周りには出ない様に努力したいと思います。少なくとも「態度が悪い」だとか「君はクズだ」とか言わないようにしたいと思いますし、本質的にはやはり多様なバックグラウンドの人間を受容することが必要なんだと思います。「自分のやり方や価値観が唯一絶対の正義だから、それにあわないやつは消えろ」という傲慢な態度が大なり小なり人間にはあって(多分これは脳の仕組みとしてそうなってるのだと思う)、それはゼロにすることは出来ないと思うのですが、もうすこし理性的に制御することは出来るかなと思います。

 

それから同時に大切なのは、チームのメンバーの選定だと思います。いや、ボタンの色まで統制されている方が好きって人は、実は結構いるんですよ。これが結構やっかいで、そう言う人に「もっと自由にやれよ」っていってもなかなか出来ない。ルールに従って行動するという習慣しか持たなかった人に、問題設定から入って必要な行動に落とし込んで行く行動パターンを押し付けるのは難しいです。つまり「自由の強制」もまた苦痛に感じる人が居る訳です。したがって、そういう人にはそれにふさわしい仕事を与えてあげたらいいと思います。「ルールに縛られる人を排除する」ってのは「ルールを守れない人を排除する」ということと根本的には同じだと思います。研究室でいえば、ラボマネージャーとかテクニシャンとかは、どちらかというと決められたことをきちっとやってくれる人の方が助かると思います。したがってこれはチームメンバーの「選定」というよりは「配置」といった方がいいかもしれません。

 

それで最近何となく見えてきたのは、自分と似た価値観の人はとても力になるし、自分と違う価値観の人もとても力になるという事だと思います。で、具体的な仕事のプロセスはあくまで「プロセス」であって、価値観の強要が目的ではないですね。プロセスの存在意義は、タスクの達成です。従って、タスクと人員と資源が与えられて初めて、適切なプロセスが定まるといっていいと思います。あるアウトプットOの達成に対して最適なプロセスをPとするとそれは少なくともアウトプットO、人員M、 資源Rの3つのパラメータを使って、P=P(O, M, R)と表せるという事です。普通はO=O(P, M, R)って考えるんじゃないですかね?なんかどうしてもプロセスPを所与のものとして固定して考えてしまいがちなんですよね。機械が部品を組み立てる工場とかのイメージで。その辺のスタンス変えてみると、今までと違ったチーム作りが出来るかなという気がしてます。

 

つまりメッセージは、

P=P(O, M, R)

ということです。