AImedentomologie’s diary

ご意見等あればコメントあるいは atmiyashitaあっとまーくgmail.comまでご連絡ください。

研究のスタート

研究は新しくないといけない。 論文ですでに発表されていることは、すでに既知のこと=新しくない。 言い換えると、論文を読むことによって、これから自分が取り組もうとしていることの中で「何が新しくないか」を知ることができる。それによって、自分の貴…

bioRxivに公開する記事の完成度

bioRxivに公開する原稿を用意するとき、どの程度の完成度まで仕上げるのだろうか? 学術誌に投稿するレベルに達してから、というか投稿しつつ、プレプリントをbioRxivで公開するというのが正しい使い方なのだろうか?

生物系のpreprint server

bioRxiv(バイオアーカイブ)というプレプリントサーバの存在は何年か前から知っていたものの、自分には関係のないことだろうというくらいの考えしかありませんでした。 研究を行うタイミングと論文出版のタイミングにはラグがあり(半年〜数年以上)、とく…

画像認識とかディープラーニングとかpythonとかOpenCVとか

科学者としてのブレイクスルーを狙って、なりふり構わず新しいことに手を出している今日この頃。なりふり構っていられない。弱者には弱者の戦略しかない。 「人工知能」的なものもどんどん取り入れていこうと思います。よくわかんないけどなんかすごそう、っ…

IELTS受けて来ました(0.5年ぶり2回目)

こちらに来て五ヶ月になりますが、移住関連のプロセスはゆっくりとしか進みません。 ゆっくりとしか進まない原因は私がさぼっているからなのですが、先日ようやくIELTSという英語のテストを受けて来ました。半年前に日本でも受けたのですが、作文の点数がす…

iPad mini キーボードケース

iPad miniのキーボードケースを購入しました。 【PCATEC】 iPad mini/mini Retina/mini 3 専用 Bluetooth キーボードケースPCカバー☆Macbookに変身☆ (mini1/2/3用 レッド) 出版社/メーカー: PCATEC メディア: エレクトロニクス この商品を含むブログを見る …

Macbook Pro修理

Macbook Pro (Late 2012, 13'') を修理に出しました。 バッテリーがフル充電しても30分しか持たなくなったのと、片方のスピーカーが完全に壊れてしまったためです。充電サイクルは1000回を超えていました。昨年あたらしくMacbook Pro (2015, 15'')を購入した…

ポスドク3ヶ月目

研究費配分額と生産性(論文数?)の逆相関を示したp114~117がとても印象的でした。 http://www.janu.jp/report/files/2014-seisakukenkyujo-uneihi-all.pdf ただ、研究費を増やした時に、研究費あたりの生産性が下がるということ自体は自然(e.g.限界効用逓…

ポスドク生活幕開け

転居から1週間が経ち、生活も比較的落ち着いて来ました。昨年の夏に3ヶ月滞在した場所でもあり、新しい場所に来た、というよりは、帰ってきた、という感触の方が強いのが実際です。 新居は大西洋が見える所になりました。交通量も少ないので騒音もなく、寒…

海外転居の備忘録【編集中】

4月からカナダのハリファックスという土地で1st ポスドクとしてのポジションを得たので、それに伴い転居の作業をすることになりました。 結論から言うと、思っていたよりも相当に大変でした。 ざっくり挙げていくだけで、 パスポート ビザ関係 運転免許関連 …

夏のカナダ滞在から全く更新をしていませんでした。気がつけば年も変わりました。 カナダから戻ったあと、9月下旬〜10月は昆虫学会@フロリダ、ラボ訪問@ミネソタ、11月にはシンポジウムx4(@フロリダ、@コネチカット、@ワシントン、@カリフォルニア)、それ…

ショウジョウバエに対するロイヤルゼリーの効果

興味深い論文が最近報告されました。 PLOS ONE: The Phenotypic Effects of Royal Jelly on Wild-Type D. melanogaster Are Strain-Specific ショウジョウバエ(学名Drosophila melanogaster)に対するミツバチ由来ロイヤルゼリーの体サイズを増大させる効果…

I am leaving

さて、3ヶ月のハリファックス訪問はそろそろ終わりですね。また来ることは、あるかも知れませんし、ないかも知れません。3ヶ月住んでみて気づいたのですが、日本でも、北海道に住むと大体この辺とおなじ様な感じの生活になるのかも知れません。北海道の方が…

Halifax情報(後編)

後半はDowntownのグルメスポットをまとめておきます。 1. Rockbottom Brewpub とにかくここに行けばハズレは無いと思います。 薄暗いのでメニューを読みづらそうにしていたら、眼鏡を貸してくれました。度が強すぎて余計に見づらかったですけど。 ロブスター…

Halifax情報(前編)

この夏はカナダの東の端にあるハリファックスという町に滞在しているのですが、ウェブ上ではどうも現地の情報が少ないこともあり、折角の機会なので記事を書いてみようと思います。 まあ、カナダのメジャーな都市挙げてって言われて、ハリファックスを挙げる…

2016-0623

The fear for unknowns plays a certain role in shaping the way you communicate with strangers. The curiosity for unknowns drives a motivation of scientists toward novel findings, whether or not it is merely an incremental. The ways, looking…

『研究的態度の養成』

私は寺田寅彦の書く随筆が大変好きだ。彼の様に、思考の翼でもって宇宙の森羅万象を不思議混沌の中を縦横無尽に自由に飛び回り、且つそれを私のような人間にも追随できる平易な日本語でもって表現する能力に恵まれた人は珍しい様に思う。私は彼のことを、我…

2016-0609

今日は日本語で。吐露したい気持ちは色々あるけど、かいつまんで書く。ざっくりまとめると、今まで受けてきた教育は何だったのかという想い。自分が大学院で研究室の教員たちから言われてきたこと(皆さんそれぞれ微妙に違う考えの様だが)って、 ・君は態度…

2016-0606

I have come to understand that experiments are just tactics, not strategy. Stategic point of view is one of the prerequisites (correct spelling?) for pricipai investigators. Interesting ... but in a small laboratory, we have no tactical su…

2016-0522

A week has passed since I landed this peninsula. (I did not actually know that Nova Scotia is a peninsula, not an island.) The scientific side of these days is somewhat slow, and I find miself feeling irritation. Irritation for what? It is…

2016-0519

This is going to be the first entry in my days in Canada. Here in Halifax, Nova Scotia is now experiencing a pretty nice (indeed, it's so nice) days, and what is amazing here is that we have fifteen hour daytime! Even around eight pm it do…

2016-0506

時間がないと判ると急に普段やらないような仕事を手がけてしまうものだ。ラボヘッドが替わるというので、特に意味もないがデスクのいらない書類をシュレッダーにかけたら、ゴミ袋2包分になった。その作業の途中で三度シュレッダーがオーバーヒートする貴重な…

2016-0425

音楽理論は、一見よく整理されているようで、よくわからないことだらけだ。 440 Hz 、880 Hz、1320 Hzの音が、いずれも同じAの音に「聞こえる」という現象が、どういう生理学的メカニズムによっているのかもわからないし、その能力がヒトという種にとってど…

2016-0414

やはり通説というのはあてにならない。特定のトピックに対して思索を始めるための足がかりとしてはいいのだけど、あくまで足がかりであるということをいつでも忘れてはいけないのだ。

2015-0326

私には教育的仕事は向いていないなあと感じるこの頃。自分で研究をしている時の様な興奮を覚えないし、私の今のポジションだと教育は仕事ではないし。正直に言って、細かい実験の仕方について、卒業のための単位を集めにきた学生に教える時間は無価値に思え…

褒めるとか叱るとかいうことについて

人を育てる時に、①褒めて育てるのがよいのか、②叱って育てるのがよいのかという議論は尽きない。本当に尽きない。褒めすぎるとかえって伸び悩むという意見もあれば、叱ることによって芽を摘んでしまうケースがあるという意見もある。 私はどちらの言い分も理…

昆虫の羽化について

昨日と今日は大学入試センター試験ですね。試験会場になっている大学構内は立ち入りが制限され、研究室での実験も制限されているのでこの2日間は、大学で研究をする者にとっては公休のようなものになっています。センター試験は土日に行われるので、あまり恩…

新年を迎えて

新しい年を無事に迎えることができました。本年もどうかよろしくお願い致します。今年の目標の一つに、このブログの更新頻度をあげて行くこと、を掲げたくなる程、このブログの放置ぶりが目立ちます。大体、こういうぐだぐだとした文章には殆ど需要もないで…

朗報

先ほど論文が雑誌にaccept(掲載決定)されたというメールがeditor(編集者)から届きました。 共同研究者の方々のご協力があってこその結果です。心より感謝致します。 2013年から新しく始めたプロジェクトで、測定や解析も全て当時のラボには無かった新しい…

英国出張

先月の米国に引き続き、今月は英国Cambridgeです。 研究者同士での議論の仕方などは、かなり勉強になる部分があります。他人の仕事をappreciateすることが結構大切だなと思わされます。その上で、研究上重要な批判ができると理想的ですね。日本での研究生活…