AImedentomologie’s diary

ご意見等あればコメントあるいは atmiyashitaあっとまーくgmail.comまでご連絡ください。

ショウジョウバエに対するロイヤルゼリーの効果

興味深い論文が最近報告されました。

PLOS ONE: The Phenotypic Effects of Royal Jelly on Wild-Type D. melanogaster Are Strain-Specific

 ショウジョウバエ(学名Drosophila melanogaster)に対するミツバチ由来ロイヤルゼリーの体サイズを増大させる効果は、実験に使うショウジョウバエの系統*1によって異なるという論文。

 

ロイヤルゼリーによるショウジョウバエのサイズ増大は、2011年のKamakura論文が有名*2ですね。

http://www.nature.com/nature/journal/v473/n7348/full/nature10093.html

 

今回の論文で著者らは、

It is interesting to note, however, that this previous study demonstrated phenotypic and physiological effects of RJ using only one wild-type D. melanogaster strain, Canton-S (Can-S). Multiple wild-type strains of D. melanogaster exist, and significant differences in responses to allelic mutations and environmental stimuli have been observed both between and even within certain wild-type strains.

と言っています。要は、Kamakura論文で使われたのはショウジョウバエの系統(Canton-S)なので、そのほかの系統でもロイヤルゼリーによるサイズ増大効果は再現されるのかを試したということです。今回著者らはOregon-Rという系統を使っているようですが、結果としては、Oregon-Rではロイヤルゼリーによる体サイズ増大効果は再現されないということです。

 

推測ですが、最初彼らはOregon-RでKamakura論文を再現しようとしたけども上手くいかなかったんじゃないでしょうかね。それでCanton-Sとの系統の違いに目をつけた、という歴史的経緯があるのかもしれません*3

 

私は、"Canton-S"と名付けられている系統の中も、維持されている研究室や研究機関によっては微妙に遺伝的背景が異なるのではないかと思いますけどね。それで、Canton-Sを使っておなじ実験をしてみてもロイヤルゼリーの効果が再現できないとか、あるいはちょっとした飼育条件の違いでロイヤルゼリーの効果が再現できないとか、そういうことは十分にあると思います。

 

実験の再現性がない時には発見が隠れているのだ、といういい例でした。この著者らはとても真面目に研究をしている印象です。「効果がなかった」「再現性がなかった」という方向性で書かれる論文も、真面目にやっている限りにおいて報告価値のあるものだと思います。

*1:血統みたいなもんです

*2:ロイヤルゼリー業界では

*3:論文に書かれているイントロダクションと、実際の研究室で起きた発見の経緯は必ずしも一致するものではないです。

I am leaving

さて、3ヶ月のハリファックス訪問はそろそろ終わりですね。また来ることは、あるかも知れませんし、ないかも知れません。3ヶ月住んでみて気づいたのですが、日本でも、北海道に住むと大体この辺とおなじ様な感じの生活になるのかも知れません。北海道の方がダントツで雪が多いのでしょうか?私は雪国に住んだ経験がないので、ちょっとその辺の感覚がわからないですね。

 

ここに滞在してみて気づいたことは色々あります。実験について1/3、研究全体について1/3、あとはプライベート1/3(生き方とか、考え方とか)位の比重で、それぞれ色々思うところがありました。

生き方については、もう少し自由に考えてもいいかなと思いました。社会生活する上で守らなきゃ行けないルールとかはあると思うんですが、その上で個人の生き方はもうちょっと自由に考えていいかもしれないです。トータルで、仕事・家庭・趣味1/3ずつくらいが理想です。もちろん、いまは全力で仕事だから家庭を顧みる余裕はない、という時期があってもいいとは思いますが。

 

あとは年齢に対する考え方も、もう少し柔軟でいいと思いました。まあ研究業界のひとはそもそも博士号をとる年齢が人によって全然違いますから、そもそもあまり気にしてない感じはありますが。50年で人生を終える人にとっての40歳と、90まで生きる人にとっての40歳は、まるで意味合いが違う。ただ、普通は終わりがいつになるか解らないんですよね。それで何となくぐだぐだと生きてしまう訳ですが、自分で終わりを決めておけば、もうちょっと今を充実させようと言うスタンスになるのかもしれないと思いました。

 

そう言えば前回忘れてました。

Home | Coburg Coffee

このカフェはとてもいいです。何でこんないいカフェなのに混まないんでしょうかね?東京にあったら、連日満員だと思うのですが。人口密度の差?

電源もあるし、Wifiもあるし、コーヒーもうまいです。冷房?が入り口付近にしかないので、夏は手前の方のテーブルじゃないと暑くてたまらないです。図書館も研究室もそうなのですが、冷房が強すぎて夏でもパーカー持ち歩かないと長時間仕事するのは厳しいのですがここはいい具合です。温度を下げるのではなくて、気動を作ることによって体感温度を下げているのだと思います(薬剤師国家試験で出るやつですね、確か)。

 

日本に帰ったらとりあえず何しましょうかね。論文の続きと、秋の発表ラッシュ(今年はやばい)にむけた準備もありますし、あとはいくつかやりたい実験もあるので、研究上のことは当分暇しなくて済みそうです。

 

夏〜秋は山登りでもしたいですね。